男の人

細かな文字が見えくい

老眼が進んできたという場合は眼科で診察や検査を受けるという方法もありますが、自宅で行えるチェック法もありますのでまずは試してみることがおすすめです。チェックは指先を使うものもありますし、パソコン画面や新聞紙で確認するも方法もあります。

詳しく見る

めがね

検査を行い確実に調べる

加齢と共に新聞や文庫本などの手元の細かい文字が見えにくくなる症状になった場合は、老眼の可能性があります。無料で老眼であるかをチェック出来る方法もありますが、きちんと調べたい場合は3,000円前後で出来る眼科での診察がオススメです。

詳しく見る

メガネ

眼科で調べてもらおう

老眼のチェックは、まず自分で行うことが大切です。そして違和感を感じたのなら眼科へ向かいましょう。早めの対策が今後の進行を抑えてくれるため、まだ気がついていない方も違和感があるかチェックすることから始められるといいでしょう。

詳しく見る

見えづらさを認識するため

女の人

評判のよいサービスで確認

細かい文字が見えづらくなってきたのなら、老眼かもしれないため、まずは自身でチェックを試してみましょう。インターネット上には自己チェックができる評判のよいサイトがたくさんあるので、そちらを利用すれば、老眼かどうかのおおよその見当がつきます。パソコンからチェックできるサイトだけではなく、スマートフォンの小さな画面用に作られたアプリなどもあるため、見えづらさを確認してみましょう。なお、自分だけではなく他者に老眼かどうか確かめて欲しいのなら、眼鏡屋に老眼鏡を購入しに行く方法が使えます。ただし、激安の販売店を利用するのではなく、サービスの面で評判がよい眼鏡屋に頼むとよいでしょう。そのようなところなら、目の状態をきちんとチェックしてくれるため、老眼かどうかを客観的に判断することができます。もちろん、チェックを受けた後は老眼鏡を購入できるので、スタッフのサポートを受けて、自身の目にピッタリなものを購入しましょう。そして、さらに本格的なチェックを望むのなら、眼科に訪れて、『近ごろ小さい文字が見えにくい』と相談をおこなうとよいです。眼科なら、ほかの病気かもしれないと疑いを持って検査をしてくれるため、目の健康状態が気になる方にもおすすめできます。検査の結果、ただの老眼だった場合はそのまま自宅に帰るのではなく、矯正に必要な度数を記した処方箋を書いてもらいましょう。その処方箋を持って眼鏡屋に訪れれば、医学的にも認められた理想の老眼鏡を手に入れられます。

Copyright© 2018 眼鏡屋で目の状態をチェックしてもらおう【老眼かどうか確認できる】 All Rights Reserved.