人にとって重要な目

シニア男性

自分の目の状態を知ること

目というのは、とても重要です。なぜなら、人は日常の様々な情報の80パーセント以上を目から得ているからです。ですので、目が悪くなってしまうと今まで得ることができていた多くの情報を得ることが難しくなってきてしまいます。人は、年齢とともに目が悪くなる傾向があり、その症状が老眼と言われています。レンズの役割を持っている水晶体の厚みを変えることで、遠くのものを見たり近くのものを見たりします。ですが、歳を取ってくると、水晶体が硬くなってきてしまい、近くのものにピントを合わせることが難しくなってしまいます。予防をすることで老眼の進行を抑えることもできますので、予防をしたり、今の自分の状態をチェックし、把握したりすることも重要です。簡単な予防方法としては、目を疲れさせないように休ませたり、眼筋を鍛えさせたりすることが考えられます。自分で簡単に老眼かどうかチェックする方法もあります。一般的に、人差し指の指紋を確認できる距離が目から30センチ以上になっている場合、老眼になってしまっていると言われています。ですので、自分の人差し指を目の前にかざし、少しずつ顔から離していきます。指紋がはっきりと見える位置で指を止め、顔から指までの距離を測り、30センチ以上になっていれば老眼の可能性が高いということになります。そうした場合には、眼科に行き、細かいチェックをしてもらう必要があります。眼科でのチェックで老眼と診断された場合には、メガネなどを利用して対処する必要が出てきます。

Copyright© 2018 眼鏡屋で目の状態をチェックしてもらおう【老眼かどうか確認できる】 All Rights Reserved.