細かな文字が見えくい

男の人

自宅で確認する方法

以前に比べて新聞や書籍などの細かな文字が読みにくくなった、スマートフォンの画面が見づらいと感じた場合は老眼が進んでいる可能性もあります。老眼は高齢者の症状というイメージもありますが、40代で症状が出る人も多いですし、目を酷使する機会の多い人はより若い世代でも老眼が進みやすいと言われています。老眼であるかをチェックする方法としては、眼科で検査をしてもらうことがおすすめですが、より手軽に調べるならまずは自宅で行えるチェック方法を試してみましょう。まず人差し指の指紋が見える部分を目の前にかざし、少しずつ手を離していきます。そしてピントが合う距離をチェックしていきたいですが、この時にピントが合うまで30センチ以上離れてしまうと老眼が進んでいる可能性があり、その距離が離れれば離れるほど老眼は進んでいると言えるでしょう。この他でのチェックではパソコンや新聞を使う方法もあります。以前よりパソコンの画面や新聞、書籍などを離して見ないとピントが合いにくいと感じる人も老眼が進んでいる可能性があります。さらに夕方になると見えにくく感じる、目の疲れや肩こりを感じやすくなったという人も注意したいところです。老眼は加齢により目のピント機能が衰えることで起こりますが、毛様体の筋肉組織が衰えてしまうこともピント機能が衰える原因となります。老眼の症状が出た場合は老眼鏡が役立ちますが悪化を防ぐためのトレーニングなども取り入れていくことがおすすめです。

Copyright© 2018 眼鏡屋で目の状態をチェックしてもらおう【老眼かどうか確認できる】 All Rights Reserved.