若い世代でも発症

女性

スマホの酷使に注意

40代を超えると近くにある新聞の文字などが見えにくくなる老眼が発症してしまいます。老眼は自分でも簡単にチェック出来るので、自宅でたまにチェックをしてみて、老眼が始まったらすぐに対策をしてほしいです。老眼を頬っておくと、眼精疲労によって頭痛やめまいなどの症状が出てしまうからです。また、老眼は40代を超えると発症するため若い世代には無関係だと思われがちですが、決してそうではありません。最近ではスマートフォンの酷使によって若い世代でもピント調整機能が出来ないというスマホ老眼が問題視されています。それは、スマートフォンの画面をみるときには手元の近いところにピントが合っている状態で、そのときには水晶体が膨らんでいる状態です。水晶体は目の組織で膨らむことでピント調整をしています。膨らんだままの状態が長く続くと、水晶体に異常が起こり、ピント調整が出来ない老眼と同じような状態となってしまいます。そのため、若い世代の人でもセルフチェックをしてピント調整がちゃんと出来ていることを確認してほしいです。最近ではスマートフォンのアプリでも老眼のセルフチェックが出来るものがあるので、若い世代でもチェックがしやすいです。スマートフォンを使ったアプリでは、そのままトレーニングが出来るものもあって、若いうちからトレーニングでピント調整機能を鍛えることも出来るのでおすすめです。注意したいこととして、これらは簡易的なチェックですので、専門的な診断を眼科で受けることも大切だということです。

Copyright© 2018 眼鏡屋で目の状態をチェックしてもらおう【老眼かどうか確認できる】 All Rights Reserved.